世界の氷 コクボの
                                
商品案内工場見学ロックアイスのひみつ Q&A 品質保証・研究開発会社情報採用情報HOME


ロックアイス誕生秘話


ロックアイスのひみつ

 ■ロックアイス誕生秘話

 ■溶けにくい理由

 ■透明で美しい理由


 □HOME








 「ロックアイス」が誕生してから40年余り。いくつかの苦境を乗り越え「ロックアイス」が誕生するまでの裏側に迫りたいと思います。
 当社はもともと石油プラント会社として昭和4年に東京の江戸川区で創業し、一時は3000人の従業員を抱えていました。しかし、第一の苦境。戦後GHQの命令により軍需産業であった石油関係の仕事ができなくなったのです。細々と営業を続けていましたが、昭和22年11月初代社長小久保小平が過労のため54歳という若さで急逝してしまいました。30歳だった二代目社長小久保敏が石油プラントの冷凍設備を生かして製氷会社を作ろうと一大決心し、再スタートしました。当時は電気冷蔵庫もまだ普及していませんでしたので、思いがけずこの氷が良く売れました。
 ところが、ここで第二の苦境。昭和30年代も半ばになると電気冷蔵庫が普及し始めたのです。そうなると氷の需要は激減し、まさに冬の時代の到来を告げるものでありました。
 そんな折、当社と親しくしていただいていた習志野市大久保にある氷問屋のご主人が、試しに砕いた氷を袋に詰め売ってみたところ好評だったので、当社で本格的に製造してみないかと話を持ってこられました。どうしようかと迷っていたちょうどそんな時に、三代目社長小久保歓が外遊先のハワイで運命的な出会いをしました。ハワイのスーパーで“ぶっかき氷(砕いた氷)”が袋に詰められて売られているのを見つけたのです。これを見た小久保歓は「よし、やってみるか」と決断し、帰国して早速本格的に製造に取り掛かりました。

昭和48年10月、ここに「ロックアイス」が誕生したのです。




ロックアイスは小久保製氷冷蔵鰍フ登録商標です。
このホームページに掲載されているイラスト、写真、商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(C).KOKUBO ICE CO.,LTD.All Rights Reserved.