世界の氷 コクボの
                                
商品案内工場見学ロックアイスのひみつ Q&A 品質保証・研究開発会社情報採用情報HOME


溶けにくい理由


ロックアイスのひみつ

 ■ロックアイス誕生秘話

 ■溶けにくい理由

 ■透明で美しい理由


 □HOME

 みなさんも小学校の理科の授業で習ったと思いますが、「氷」は0℃で凍り始め、0℃で溶け始めてしまいます。でもロックアイスが「溶けにくい」のはなぜでしょうか?

@不純物が少ない
 
水をそのまま凍らせると、水中に含まれる不純物(空気や様々な成分)も抱きかかえながら凍ってしまいます。空気などが多く含まれた氷(お家の冷蔵庫で作った白い氷など)は、熱を伝えやすく溶けやすさが高まります。逆に不純物を少なくすれば氷は溶けにくくなるのです。

A結晶が大きい
 氷は「表面」から以外に、わずかながら「結晶と結晶の隙間(隣り合う場所)」からも溶け始めます。その際、結晶が大きいほうが隙間が少なく溶けにくくなります。
 もう少し分かりやすく説明すると、例えば1粒25gの大きな飴玉2個よりも、1粒5gの小さな飴玉10個のほうが、同じ50gでも口の中で早くなくなります。同じ重さでもすべての表面積は、大きな飴玉2個よりも小さな飴玉10個のほうが大きくなります。これは氷の結晶が大きいからなのです。


 ロックアイスは、この2つの要素を兼ね備えているので「溶けにくい」のです。

 これらはアイス缶製氷の技術により可能になります。当社はこのアイス缶製氷にこだわり、ロックアイスをつくっています。




偏光写真で見る氷の結晶
                                                          (当社撮影)



ロックアイスは小久保製氷冷蔵鰍フ登録商標です。
このホームページに掲載されているイラスト、写真、商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(C).KOKUBO ICE CO.,LTD.All Rights Reserved.